手の使い過ぎと肩こり

手の使い過ぎ(腱鞘炎・バネ指・テニス肘)で肩こりは悪化します 手と肩はつながっているからです

こんな肩こりで悩んでいませんか?

  • 一日中、パソコン仕事なので上半身が固まっている
  • 肩こりと両親指の付け根の腱鞘炎で悩んでいる
  • つい腕に力が入って、肩もひどくこってしまう
  • 腕を使う仕事なので、いつも腕から肩がこってしまう
  • パソコンのマウス操作で、腕と肩が常にこる

腕と肩は、一つでつながっています

首から腕にかけて筋肉があります

手の筋肉は、矢印の首の付け根から始まっています。上半身の筋肉は首から始まり、下半身の筋肉は腰から始まっています。

 

人間の体は、2分節です。だから、手、指、肘を使いすぎて、腱鞘炎・バネ指・テニス肘になると、手や指の機能は低下します。

 

すると、人間の筋肉は全部つながっているので、痛めた箇所をかばおうとします。

 

かばうと、首や肩に、いつも以上の力(負担)が掛かり、肩こりを増幅させます。腕が痛い=肩がこる。肩がこる=腕が痛い。

 

私たちの手は、とても精密に出来ています。つまり、細かい筋肉が、たくさん手にはあります。手の筋肉の一つでも、動きが悪くなると、かばおうとします。

 

だから、多少無理して、使えてしまうのです。しかし、無理が、積み重なると、痛みになります。さらに、我慢して使うと、手から離れた首肩に、痛みが出ます。

当院では、腕と肩を同時に良くします

腕を良くするだけで、肩こり忘れます

手や指、肘の筋肉の中心(コア)は、首と肩にあります。首肩に負担を掛けている、腕をしっかり施術します。

 

手や指、肘の痛み、こりを治すと、肩こりはウソのように楽になります。私たちの腕の重さは、1〜1,5キロぐらいあります。

 

両手だと2〜3キロの重さはあります。手を使う仕事の人には、相当の負担になります。特に、筋力の弱い女性には、つらいです。

 

やはり、手を使う仕事の人が、腕が原因の肩こりに、悩んでいる場合が多いです。アニメーターさん、メイクさん、美容師さんなど、手や指、腕を酷使する職業の方が、はっきり症状が出ます。

当院には3っの選ばれる理由があります

理由その1

厚生労働大臣が認める国家資格者(柔道整復師)

安心の国家資格者

骨折・捻挫・打撲・肉離れなどのケガの施術のスペシャリストです。

 

整形外科で勤務経験有り

 

院長(小林)は、医療専門学校(日本柔道整復師専門学校)で夜学へ通い難関の国家試験をパスしました。

 

あなたの大事な体は「厚生労働大臣」公認の国家資格者にお任せ下さい。

理由その2

施術はすべて院長(小林)が責任を持って行うから安心

「任せてください」

いつも担当が違う、先生によってやり方が違うという不安はありません。

 

院長一人で見るから、微妙な体の変化を察知して回復へ導きます。

理由その3

症状改善だけでなく体質改善も期待できる

体が変わると何でも楽しめます

当院では痛みの出ている箇所に対して、あまり施術は致しません。そこは根本原因ではないからです。

 

あなたが気がつかない根本原因を解決すると、良くなるスイッチがオンに入り体質改善ができます。

当院が考える根本的に良くなるとは?

朝すっきりと目覚める

次の日に疲れや不調を持ち越さない

『一晩ぐっ〜すり眠れば、元気に回復する体のこと』

症状改善の目安【5〜6回】

計画的に通院すると治ります

当院は改善が目的です。だから計画的に施術をします。

 

1日も早く良くなるために出来るだけ「通院スケジュール」を守った方が早く改善します。

 

1〜3回目【通院間隔:週1回】徹底改善する

4〜5回目【通院間隔:週2or3回】自覚症状をゼロへ近づける

 

3回施術を受けると、自然治癒力(=よくなるスイッチ)が入ります。4回目以降は、施術の間隔を空けます。

 

理由は、自分で「良くする力」が着いてくるからです。

 

※症状の深さによって、5回以上要することもあります。

 

なお計画通り来院できない場合、生活習慣の改善と当院オリジナルのセルフケア(ストレッチ・体操)を実践して下さい。

地元のラジオ番組(練馬放送)に紹介されました!

  • 練馬放送出演
  • 練馬放送出演

ご挨拶 「肩こりがなければ、毎日楽しいのに・・・」

こばやし接骨院 院長 小林利忠

肩こりの悩みは、とても深刻です。

 

病院へ行っても「ガマンして付き合っていくしかない…」と言われた。

 

またマッサージしても、その時は気持ちいいけど、またすぐに肩がこってしまう。

 

最近の肩こりはひと昔前の肩こりとは違って、自分自身の努力だけではどうにもなりません。

 

なぜなら、仕事でパソコン、電車に乗ればスマートフォンです。私たちは一日中うつむき姿勢で、常にくび肩に負担をかけています。

 

現代人の8割は肩こりがあると言われています。

 

肩こりの原因も複雑です。ストレートネック、くびのずれ、肩の向き、背中の筋緊張、腕の使い過ぎ、腰痛、古きずの足首のねんざなど。

 

また、見逃せないのがストレスです。肩こりとストレスはイコールなんです。原因がそれぞれちがうのです。

 

プロの肩こり施術家が、あなたを長年苦しめてきた肩こりの原因を特定します。だから、あなたのつらい肩こりが施術で改善されるのです。

 

もしあなたが長い間肩こりに悩んでいるのなら、わたしの施術を受けてみませんか?

 

きっと「不思議なくらい重い肩が、すっきり軽くなった!」なんて思うはずですよ。

 

肩こりの悩みはぜひうちに来てください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

資格・経歴

  • 厚生労働大臣認定柔道整復師
  • 気導術 認定証
  • 交通事故法律セミナー修了証
  • 健康運動実践指導者
  1. 柔道整復師免許証(厚生労働大臣:国家資格者)
  2. 日本気導術学会認定証
  3. 交通事故法律セミナー修了証
  4. 健康運動実践指導者(厚生労働省)

院長(小林)は厚生労働大臣公認の国家資格者です。

  1. すみや接骨院(4年:修行)
  2. あやせ駅前整形外科内科(3年:主任)
  3. 医心堂そめい整骨院(3年:分院長)
  4. こばやし接骨院(平成21年3月開院)

整形外科での勤務実績もあります。東洋医学と西洋医学の両方を勉強してきました。双方の強みを知っています。

 

また、強みはパーソナルトレーナーの経験があるので、身体状況に応じてストレッチや体操などのコツ【効かせ方】が指導できる点です。

ぜひホームページ特典をご利用くださいね

施術料金

初回限定特典あり(通常料金)7400円 初診料2000円+施術料5400円 月10名様限定 ご予約時「ホームページを見て」と、お伝え下さい! 2000円OFF 5400円(税込)お早めにお電話下さい♩ ※定員10名に達し次第終了いたします。【2回目以降:5400円】

まずはお気軽にお電話下さい♩0120-314-926 予約制(当日電話予約OK)受付時間9:00〜12:30 14:30〜19:00(土曜18:00)【休診時間:木曜午後・日曜・祝祭日】電話受付時間AM7:00~PM8:00

ネット予約する24時間受付カンタン予約

LINEで予約する

安心の返金保証制度 万が一、施術にご満足いただけなかった場合は全額返金いたします。まずはお試しください

施術は洋服を買うのとは違って試着ができません。なかには施術が合わなかったり、効果が実感できないこともあります。

 

その際は、遠慮なくお申し出下さい。初回施術日から3日以内に限り返金します。返金保証対象は初回の施術のみです。

アクセス

西武新宿線上井草駅北口徒歩10分位 

⚠️下井草駅ではありません

〒177-0042 練馬区下石神井2-35-10

こばやし接骨院の地図

こばやし接骨院の地図

途中迷ったら道案内をします。遠慮なくお電話ください。

駐車場2台あり【当院すぐ裏】

当院手前(新青梅街道から)を右折→すぐ左側に2台駐車スペースあり

【当院駐輪場に大型バイク駐車可】

こばやし接骨院の手前を曲がってすぐ左手に「P2台あり」

車通りは少ないので車庫入れが苦手な方も安心です♪

当院すぐ裏に駐車場2台あり

追伸

こばやし接骨院 院長 小林利忠

手、指、腕の痛みを伴う、肩こりは、とても苦しいです。

 

なぜなら、手は、細かい繊細な動きをするので、それだけ神経が多く集まっているからです。手の痛みを伴うと、肩こりの辛さは倍増します。

 

手の使いすぎ(腱鞘炎・バネ指・テニス肘)が、原因の肩こりの方の多くは、主婦や手を酷使する職業に多いです。

 

手を休める時間がないので、悪化の一途をたどります。手を使い頻度が高い方ほど、一日も早く施術を受けて下さい。

 

手や腕の痛みは、ストレスです。手の調子悪いと、精神的にも落ち着きません。体はどこか一箇所でも、悪いとかばいます。

 

かばうと、症状は、増します。かばうと一時的に痛みを忘れます。しかし、一時的に痛みを感じなくなっただけです。

 

再び痛みが出ると、以前よりもっと痛みが増します。当たり前ですが、施術のタイミングは早い方がいいです。メールや電話でのご相談は、お気軽にどうぞ。

 

私は一日も早い回復のために、全力で施術します。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加