予約優先 当日予約もOK!

お問い合わせ

お問い合わせ

ネットからの予約はこちら

電話 0120-314-926

電話 0120-314-926

スマホの方は↑ここをタッチ(電話がかかります)
「ホームページを見て」とお電話ください。

当日予約も受付中 お気軽にどうぞ!!

練馬の整体「こばやし接骨院」

新着情報

2015/04/24

どうして、肩こりは起きるの?

上井草・石神井の整体で、肩こりならこばやし接骨院へ

 

【なぜ?ヒトは肩がこる・・・】                                                                                                                                       

人間が二本脚で歩き始めたのは、

今から、およそ400万年前だそうです。

 

人類は、この直立二足歩行のおかげで、

他の動物とは、比べ物にならないほど

進化をしました。

 

しかし、二足歩行こそが、

くび肩、腰に大きな負担を掛けています。

 

 

【人間の頭の重さは約5キログラム】                                                                                                                             m014-229

ボーリングのボールと同じくらいの重さです。

 

起きている間は、約5キロの重さをくびで支えています。

 

くびにかかる負担は、相当なものです。

 

パソコンやスマホをのぞき込んだり、うつむくと

何倍もの重みが、さらにくび肩に、のしかかります。

 

さらに、肩につながっている両腕の重さは

どれくらいの重さが、あると思いますか?

 

体重の8分の1程度です。

 

体重50キロの人で、6.3キロです。

 

頭の重さを5キロを合わせると、11キロちょっとです。

 

体重50キロの女性の約11キロが

カラダの一番上に乗っかっているわけです。

 

10キロの米袋を頭に、乗っけている感じです。

 

一日中、仕事でパソコンして、電車でスマホして

ずっ~と、うつむいていれば

肩がこるのも、仕方がないと思いませんか?

 

肩こり生活が続いて

肩こりが蓄積されると・・・

頭痛、めまい、不眠。

 

症状が進むと、今度は

自律神経が働かなくなり

うつ症状に発展する方もいます。

 

日々の生活で、あなたのくび肩は

相当なストレスが、かかっています。

 

肩こりが招く不調(頭痛・めまい)の原因が、分からないと

どうにもならない不調のスパイラルにはまる恐れがあります。

 

すこし落ち着いて、自分のカラダの声に

耳を傾けると、いいと思います。

 

 

 

【運動不足による筋力の衰えも肩こりの原因です】

筋力があれば、肩こりは感じません!                                                                                                                                                            m002-053

 

こったとしても、眠れば回復します。

 

ヒトのカラダは、同じ姿勢が苦手です。

 

座りっぱなしのパソコンが、カラダは苦手ですが

仕事なので、仕方がありませんよね。

 

①筋肉の血行が悪くなり、疲労がたまります。

 

②疲労がたまると、関節の動きが悪くなります。

 

③関節の動きが悪くなると、

 痛めた場所をかばって、骨格がゆがみます。

 

疲労をためない為には、筋力が必要です。

 

筋肉がポンプの役割をします。

 

血液の中の疲労物質を

筋ポンプ作用で、押し流してくれます。

 

私たち現代人は、肩の高さから上に

手を挙げる事が減っています。

 

自分自身のカラダを支えるだけ

筋力が、不足しているのです。

 

いきなり筋トレをして、とは言いません。

 

でも休みの日は、腕を振って歩いてほしいのです。

 

ポイントは、軽く腕を振る。

 

腕を振ると、肩こりに効く

インナーマッスルという筋肉の運動になります。

 

できれば、大きくがいいのですが

恥ずかしいと思うので、小さめでもOKです 😉

 

 

【日常生活の姿勢を変えると、肩こりは楽になります】

①脚を組まない                                                                                                                                                                                                    

②頬杖をつかない

③ごろ寝で片肘をついてテレビを観る

④イスに浅く座る

⑤クッションを入れてスマホをやる

⑥デスクトップパソコンの画面は、目線の高さに合わせる

⑦家事やパソコン操作時は、軽く脇をしめる(ソフトボールを脇に挟むイメージ)

 

ちょっとした意識で、肩こりは変わります。

ホント、ちょっとしたことです。

 

 

くび肩専門治療院

院長 小林利忠

IMG_0562

 

 

 

一覧へ