予約優先 当日予約もOK!

お問い合わせ

お問い合わせ

ネットからの予約はこちら

電話 0120-314-926

電話 0120-314-926

スマホの方は↑ここをタッチ(電話がかかります)
「ホームページを見て」とお電話ください。

当日予約も受付中 お気軽にどうぞ!!

練馬の整体「こばやし接骨院」

新着情報

2015/02/05

古キズの足首の捻挫が肩こりの原因!?

 

足首のねんざが慢性肩こりの原因です

そういえば、普段こんなことは、ありませんか?

・少しでも、かかとの高い靴を履くと、肩や背中が痛くなる

・ねんざしていた方の、靴底の磨り減りが早い

・何も無い平らな所で、よくこける

・肩のエプロンのひもが、片方だけ下がってくる

・片方でしか、カバンが持てない(掛けられない)

矢印01-orange

 

こんな症状は…

 

あなたが知らない間に、気が付いていない間に、長年、足首をかばった結果危険信号(注意サイン)です。

 

足首は、自転車でいえばタイヤです

足首を分かりやすく、自転車の「タイヤ」に、例えるとします。

 

自転車のタイヤの空気が少しでも、抜けていると、漕ぐのが大変だったことは、ありませんでしたか?

 

自転車

 

また、パンクでもしていたら、とても乗ることはできません。足首も同じくタイヤの役目をしています。

 

私たち人間は、二本足で歩いています。足首で、立っている時、バランスを取ります。

 

歩いている時には、クッションの役目を足首がします。

 

走ると、足首にもっと負担が、かかります。自転車と違い、足首はズレていても、すぐには気が付かないことが多いです。

 

よく捻挫が、クセになるといいますが、しっかり治し切れば、クセにはなりません。治り切ります。

 

ただし、足首は、全体重を受けているので、一旦捻挫をすると、切り傷とは違い、自然に治るのは、難しいです。

 

私たちの足首は、人間の弱点だからです。

 

少しずつ、少しずつ足首から、全身の調子の歯車が、噛み合わなくなります。

 

もし、足首を過去に捻挫をして、しっかりと治さない、または、治らないで、足首が少しでも、ズレていたら、体はどうなるでしょうか?

 

足首がズレると頭(脳)が傾きます

足首は、体の底辺です。底辺がズレていたら、上に行けば行くほど、ズレは、当然大きくなります。

 

人の一番上には、頭があります。

 

足首がズレると、頭が傾きます。

 

頭の中には、脳があります。脳は、私たち人間の中枢です。脳が傾くと、身体が機能しなくなります。

 

だから、頭の傾きを本能的に戻すために、首肩の筋肉は、まっすぐにしようと、常に頑張ります。

 

「上に行けば、行くほど傾きが大きい」

「上に行けば、行くほど傾きが大きい」

 

長い間、頭を真っ直ぐに保とうと、頑張りすぎた結果、首肩の筋肉がこり固まって、疲れ切ってしまいます。

 

疲れ切ると、頭痛、めまい、腕、背中、膝など、あらゆる箇所が不調になります。

 

たかが、足首をくじいたくらいの軽い症状でも、命取りになります。

 

何年も、慢性的な足首のズレを抱えていると、立っている時だけでなく、寝ている時も、体が曲がってしまいます。

 

こうなると、症状は深刻です。めまい、動悸、耳鳴り、イライラなど「自律神経失調症」のような症状が出ます。

 

だから、病院で検査しても、異常は出ません。精神的な事として、見なされてしまい、悩みが一層、深くなる方が多くいます。

 

なぜ言いようのない不調に陥るか?と言うと、体の骨格のゆがみに、ついに脳が耐えられなくなって、不調のSOSサインを出したのです。

 

足首の不調が、めまいなどの自律神経失調の症状となって、たまたま出た、だけです。

 

根本的な原因は、古傷の足首の捻挫が、耐え難い肩こりの原因です。

 

足首はズレやすいです

足首は、足と脚をつないでいるのが、足首です。ネンザをすると、足をつなぐ首が、ズレます。

 

足と脚が離れると思って下さい。足首は、全体重を支えるので、常に不安定にあります。

 

かかとの骨・距骨(真ん中の骨)・脛骨と腓骨の3階建て、です。捻挫をすると、真ん中の距骨が、前方にズレます。

 

距骨が、最上階の脛骨と腓骨と、最下段のかかとの骨を繋いでいます。距骨が、ズレたままだと、足が機能しません。

 

この距骨の「ズレ」を治さないと、あなたの足と脳は、離れたままです。

 

ここ(距骨)がズレます

ここ(距骨)がズレます

 

痛めてから、時間が経っても、痛みが無くなっても、ズレは残ったままで、自然には、決して治りません。

 

足首のズレを治さないと、「一体感」のない体のままです。

 

パンクしたままの足で、過ごした結果、首や肩や腰や膝がこったり、痛くなるのは、プロの治療家から見ると、当然と言えます。

 

さらに、疲れが蓄積されたり、季節の変わり目になると、症状が強く現れます。気圧、温度変化は、体へのストレスだからです。

 

足首がズレた体も、脳にとって大きなストレスです。もうすでに、足首のズレのストレスで、一杯な上に、季節変動によって、不調がさらに増すわけです。

 

すると、自律神経失調症のような、頭痛、めまい、耳鳴り、疲れやすい、やる気がしない、などの症状に陥ります。

 

足首を回した時に「グリグリ」っと、音がする方は、足首が、ズレている可能性があります。

 

また、足首が、最大限に動かないと、呼吸ができなくなります。足首は、呼吸を司る横隔膜と関係があるからです。

 

足首の捻挫

「接骨院は、捻挫を治すプロです」

よくスポーツ選手で、足首の捻挫後、成績が落ちる事があります。

 

横隔膜の動きが悪くなった結果、心肺機能の質の低下が考えられます。足首を動かす筋肉と横隔膜は、つながっているのです。

 

よく、みなさん、骨折でなくで、捻挫よかったと、安心しますが、実は、この油断が不調への落とし穴です。

 

足首は急所なので、骨折でも、捻挫でも、損傷する事が、大変と認識して欲しいです。そして、治し切る「覚悟」を持って下さい。

 

施術料金

 

院長メッセージ

小林 利忠

 

もし、あなたが「肩がこってマッサージしても、すぐに元の不調な体に戻ってしまう」「季節の変わり目に、体調がものすごく悪くなる」

 

「めまいや頭痛の不安に、毎日おびえている」「病院で、全てを検査したけど、異常はない」

 

「それでも、調子が悪いと訴えても、精神的なものと、片付けられてしまう」なんて事で悩んでいませんか?

 

これだけは、はっきりと言えます。病院で、いくら検査しても異常がない。でも、あなたの体が不調なのは、必ず、原因があります。

 

まさか、足首って、思う方もいると思います。私たちは、3っの首があります。首・手首・足首の3っの首です。この3っの首は、体の調子を整える関所です。

 

当院は、病気でない不調で、悩んでいる方のための治療院です。

 

もし、昔から部活で、足首をよく捻挫した。言われてみれば、足首に違和感をずっと感じていた…。足首をくじくのが、クセになっている方は、足首が原因で、ひどい肩こりに、悩んでいる可能性があります。

 

ぜひ、私と長年の悩みを解決しませんか?当院のコンセプトは「史上最高な自分になれる接骨院」です。

 

あなたのできないことが、できるようになるサポートをするのが、私の役目です。

 

元気になって不調で、悩んでいた時間を取り返しませんか?あなたのご来院を心より、お待ちしております。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

お気軽にどうぞ!!

jG7QLDbzaCRo0Mi1487667835_1487668305

アクセス

西武新宿線上井草駅徒歩約8分 駐車場2台あり(当院すぐ裏)

トリミング1

about_06

一覧へ