ストレートネック

なぜ?他院では改善しなかったストレートネックが当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかったストレートネックが当院の施術で改善するのか?

あなたはこんなお悩みはありませんか?

  • レントゲンを撮ったらストレートネックと言われた
  • ストレートネックは良くならないと言われた
  • ひどい肩こりの原因のストレートネックを改善したい
  • ストレートネックのケア方法も知りたい
  • ストレートネックが改善できる接骨院を探している

もう大丈夫です。

首に正しい頚椎の角度を教えるからです

もし、あなたが病院で「首肩の不調はストレートネックが原因です」と言われたのなら、ぜひうちへ来てください。

 

当院では、病院や他院とは「180度違った視点」から施術をして、ストレートネックを改善します。

 

身体改善のスペシャリスト 

小林利忠

ぜひホームページ限定特典をご利用くださいね

ネット予約する24時間受付カンタン予約

LINEでの予約はこちら

2っのストレートネック

  1. 「筋肉の過緊張」タイプ
  2. 「アゴを引く癖」タイプ

①筋緊張型のストレートネック

ストレートネック

くびの骨は、本来なら緩やかなカーブを描いています。やや前方に出ているのが、正常な角度です。

 

しかし、現代人は、パソコンやスマートフォンの影響で下を見ている時間が圧倒的に、長くなりました。くびは、重い頭と腕を支えています。

 

頭の重みは、5〜6キロで、腕の重みは、1〜1.5キロあります。下を向いていると、頭(5キロ)と腕(両腕約2キロ)で合計7キロの重みが、細いくびにかかります。

 

ずっと下を向いていると、くびの筋肉は常に引っ張られて、緊張状態になります。すると、頭を支えるくびの筋肉と肩の筋肉が、くびの骨を引っ張ります。

 

次第にくびの骨のカーブが失われて、ストレートネックになります。

②アゴを引く癖のストレートネック

正しい姿勢

姿勢を良くしようとして、アゴを引いてしまう方がいます。

 

アゴを引く癖が日常化して、くびと頭の本来ある「位置関係」を完全に忘れてしまったタイプです。

 

写真撮影で「アゴを引いて」と言われた方もいると思います。正式には、アゴを引くのではなく、頭を上からヒモで、引っ張られる感じです。

 

アゴを引く方は、アゴの正しい位置を教えます。

 

アゴを引く方は、アゴの正しい位置を教えると、すごくアゴが前に出ている錯覚に襲われます。自分の体の感覚と本来楽である感覚とのギャップが生じています。

 

イラストのように、ストレートネックは、猫背の原因や腰痛(反り腰)の原因にもなります。腰が痛くなくても、ストレートネックの方は、腰の筋肉が著しく緊張しています。

 

くび肩の方が、腰よりも脳に近いので、痛みを感じやすいというだけです。アゴを引く癖のあるストレートネックに多い感覚です。

 

それだけ、頭とくびの位置関係がズレているという証拠です。

 

また、当院では、就寝時のまくらでストレートネックの改善もします。今、使用しているまくらのくびへの当て方のコツを教えます。

 

頭とアゴの位置関係の再教育をします。癖でかばった結果、ストレートネックになり、結果、肩こりになっているだけです。

ストレートネックは、本当に改善できるの?

ストレートネックは改善します

結論から言うと、ストレートネックは改善します。回数ですが、5〜6回を症状改善の目安として下さい。

 

一度、乱れたくびと頭の位置を正すので、すこし時間がかかります。

 

脳に、この位置が「正しい場所=楽な位置」だと教えます。

 

ストレートネック改善の準備期間が、5〜6回の通院期間だと、思って下さい。つまり、リハビリ期間です。

 

体は楽な方がいいので、本来の正しい位置に戻ります。

ポイントは他院がやらないアフターケア

当院のオリジナルS字まくら

ストレートネックの改善に欠かせないのが、正しいまくらの使い方です。くびへの当て方がとても重要です。

 

当院では、まくらの正しい使い方を教えます。

 

また、いくら良い施術をしても、まくらでくびの角度を出してあげないと、すぐ元に戻ります。

 

タオル枕の作り方や枕を当てる位置を指導します。参考ですが、当院オリジナル「S字まくら」を販売しています。

地元のラジオ番組(練馬放送)に紹介されました!

  • 練馬放送出演
  • 練馬放送出演

はじめまして 院長の小林です

こばやし接骨院 院長 小林利忠

当院は、練馬で唯一のくび肩「専門」です。

 

専門なのでくび肩の施術件数は、ダントツだと自負しています。おそらく、ストレートネックをタイプ別に、分類して施術する院は他にはない思います。

 

病院や整形外科、一般的な接骨院では、そもそもストレートネックは、良くならないと決めつけています。

 

くび肩の専門院であるこばやし接骨院が、ストレートネックが原因のくび肩の不調で悩んでいる方を改善へと導きます。

 

正しい施術を受けて正しいアフターケアをすれば、ストレートネックなんてすぐに過去のものとして、忘れてしまいます。

 

あなたにストレートネックなんかで、悩んでいる時間がもったいないです。あなたのご来院を心よりお待ちしています。

 

こばやし接骨院 院長 小林利忠

資格・経歴

  • 厚生労働大臣認定柔道整復師
  • 気導術 認定証
  • 山本伝承操法 終了書
  • 健康運動実践指導者
  1. 柔道整復師免許証(厚生労働大臣:国家資格者)
  2. 日本気導術学会認定証
  3. 山本伝承操法協会終了書
  4. 健康運動実践指導者(厚生労働省)

院長の小林は厚生労働大臣公認の国家資格者です。

  1. すみや接骨院(4年:修行)
  2. あやせ駅前整形外科内科(3年:主任)
  3. 医心堂そめい整骨院(3年:分院長)
  4. ティップネス吉祥寺(ジムトレーナー)
  5. 青山クエスト(パーソナルトレーナー)
  6. こばやし接骨院(平成21年3月開院)

整形外科での勤務実績もあります。東洋医学と西洋医学の両方を勉強してきました。双方の強みを知っています。

 

また、強みはパーソナルトレーナーの経験があるので身体状況に応じて、ストレッチや体操などのコツ【効かせ方】が指導できる点です。

症状改善の目安【5〜6回】

計画的に通院すると治ります

当院は改善が目的です。だから計画的に施術をします。

 

1日も早く良くなるために出来るだけ「通院スケジュール」を守った方が早く改善します。

 

1〜3回目【通院間隔:週1回】徹底改善する

4〜5回目【通院間隔:週2or3回】自覚症状をゼロへ近づける

 

3回施術を受けると、自然治癒力(=よくなるスイッチ)が入ります。4回目以降は、施術の間隔を空けます。

 

理由は、自分で「良くする力」が着いてくるからです。

 

※症状の深さによって、5回以上要することもあります。

 

なお計画通り来院できない場合、生活習慣の改善と当院オリジナルのセルフケア(ストレッチ・体操)を実践して下さい。

ぜひホームページ限定特典をご利用くださいね

ネット予約する24時間受付カンタン予約

LINEでの予約はこちら

安心の返金保証制度 万が一、施術にご満足いただけなかった場合は全額返金いたします。まずはお試しください

施術は洋服を買うのとは違って試着ができません。なかには施術が合わなかったり、効果が実感できないこともあります。

 

その際は、遠慮なくお申し出下さい。初回施術日から3日以内に限り返金します。返金保証対象は初回の施術のみです。

3っの違いがあるから選ばれる多くのお客様に喜ばれるポイント

ポイント1

説明がわかりやすい

説明します

まずは大事なことは、ご自身の体の状態を知ることです。

 

現在地がわかると、目的地までの距離がわかるのでとても安心できます。「なぜ痛いのか?」「根本原因はどこか?」きちんとお答えします。

ポイント2

筋肉と骨格を同時に改善

坐骨神経痛の施術

筋肉と骨格を同時に緩めると、身体が軽くとても楽になります。

 

多くの接骨院、整骨院では、筋肉だけまたは骨格のどちらかだけにしかアプローチしません。段々と歩ける動ける体に変わります。

 

動けると、筋力が付きます。痛み、しびれが出ない体に変わります。

ポイント3

セルフケアを教えます

前屈ストレッチ

一般的なやり方でないストレッチ・体操を教えます。

 

ただ施術を受けるだけでは改善されません。あなたの協力が必要不可欠です。「良くなろう」という意識を持つだけでも体は変わります。

 

難しいストレッチは教えません。誰でも覚えられるように、当院でアレンジした効果のあるストレッチです。イラスト付きの紙でお渡し致します。

アクセス

西武新宿線上井草駅北口徒歩10分位 

⚠️下井草駅ではありません

〒177-0042 練馬区下石神井2-35-10

こばやし接骨院の地図

こばやし接骨院の地図

途中迷ったら道案内をします。遠慮なくお電話ください。

駐車場2台あり【当院すぐ裏】

当院手前(新青梅街道から)を右折→すぐ左側に2台駐車スペースあり

【当院駐輪場に大型バイク駐車可】

こばやし接骨院の手前を曲がってすぐ左手に「P2台あり」

車通りは少ないので車庫入れが苦手な方も安心です♪

当院すぐ裏に駐車場2台あり

追伸

院長と受付

不調で悩んでいるなら、私たちと一緒に良くしませんか?

 

あなたのご来院を心よりお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加