更年期障害と肩こり

ミドル世代の女性の不調を

「更年期」と決めつけるのはよくない

de16695e42216972ecea7fc060d52487_s

 

40~50歳の女性で、いや男性も

体調不良だと更年期だと疑いますよね?

 

何となく調子が悪い・・・

いつもと同じことができなくなった・・・

急に汗が出る・・・

寝付けない・・・

肩がこってしょうがない・・・

 

更年期障害の原因は、

エストロゲンなどの脳から出る

からだの調子を整える伝達物質

(ホルモン)の減少と考えられます。

 

たしかに、歳を重ねると、

からだの働きは低下します。

 

これは、自然現象ですよね。

 

でも、でも…です。

 

くすりの力に頼らないでも、

くすりで良くならなかった場合でも

くびや肩のコリを解消すれば、

疲れたからだの機能は、動き始めます。

 

少しつづ体調は変化するので、

目に見えて変化するわけではないので

ご自分では、なかなか、からだの変化に気が付きません。

 

積み重ねて調子が悪くなった

からだは、筋肉の深い層が硬くこり固まっています。

 

これは、プロの施術家が触れば、

一時的な疲労からのものか?

長年の積み重ねのものか?

否か?は…、

患者さんのからだに触れば推測できます。

 

くびは、からだの神経が

集まっている箇所です。

 

ここの筋肉がこわばったり、

首の骨の形状がズレていたりすると

疲れが取れない・・・

眠れない・・・

動悸がする・・・

イライラする・・・

 

自分自身では、

ントロール不能の症状が出たりします。

 

とくに、更年期障害の症状があって

ホルモンバランスが正常ならば、肩こりを疑ってほしい。

 

また、「若年性更年期障害」「男性更年期障害」の方も、

原因はホルモンの乱れではなく、

肩こりが「本当の原因」である可能性があります。

 

近年、更年期障害は、

女性だけではなく、男性も注意が必要です。

 

ご自分での自己判断が回復を遅らせる

場合がありますので、素人判断には気をつけて下さい。

 

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

0120-314-926

「携帯・スマホ・PHSからも通話無料」

【☎受付時間】7:00~20:00

休診日】木曜午後・日曜・祝祭日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加