事故後の頭痛の怖さ

命にかかわる「頭痛」について(硬膜外血腫・硬膜下血腫)

image

 

バイクや自転車で転んだり、スポーツで地面に打ったり車で激しく交通事故で衝突して「頭を打つ」のは、大変危険です。

 

ほどんどが、意識がなければ、救急車を呼びますが中には、頭痛が時間を経過して、出る場合があります。

 

時間が経つほど、症状は進行するので、たとえ頭痛がなくても、頭を打っていれば必ず「脳神経外科」の診察を受けて下さい。

 

【頭蓋骨の中は3っの層がある】脳の表面は、3っの膜(硬膜・クモ膜・軟膜)で包まれている。頭蓋骨がいちばん外側にある。役割は、ヘルメットです。

①硬膜外出血(頭蓋骨と硬膜の間に出血を起こすもの)

出血を起こす時期によって3種類ある。

  1. 急性(すぐに)
  2. 亜急性(数日後)
  3. 慢性(数週間)

☆急性硬膜外出血☆

「大半がすぐに出血を起こす急性」

頭蓋骨骨折を伴う外傷(ケガ)で起こる。

原因

折れた頭蓋骨の骨が、硬膜の動脈を傷つけて、起こることが多い。例えば、鈍器などで殴られたような外傷。

特徴

病院

頭を打った直後は、意識はしっかりしている。手足も動く、しゃべられる。自分で歩いて、病院へ行こうとする位。

 

でも、ある一定の時間が過ぎると、突然強い頭痛、手足が動かない、上手くしゃべられないなどの麻痺や意識障害が起こる。

 

手術が間に合わなければ、命を落とす場合がある。しかし、手術が間に合えば、後遺症なく回復することが多い。

 

「その為、頭を打ったら、すぐに病院へ行くこと」

②硬膜下血腫(硬膜の内側が出血)

☆急性硬膜下血腫☆

頭を揺さぶられるような外傷に多い。代表例:ボクシングのアッパーカットのノックダウン(下方よりあごにパンチを受ける)

 

脳は、頭蓋骨内で硬膜から伸びた橋静脈にぶら下がった感じで、髄液に浮かんでいます。イメージとしては、パック売りされている「豆腐」と思って下さい。

 

脳は豆腐で、髄液はパックに入っている水、蓋が橋静脈です。

アッパーカットで、頭に衝撃を受けると、脳はどうなるの?

ノックダウン

頭は後ろに回転するが、液体に浮かんでいる脳の動きは、慣性が働き遅れます。その為、橋静脈は、引き伸ばされ切れてしまいます。

 

ボクシングでノックアウトされたボクサーの脚が「ふらふら」しているのは液体に浮いている脳が揺れて、脚へ指令が出せないからです。

スノーボードで急性硬膜下血腫が多い

スノーボード

最近では、スノーボードで急性硬膜下血腫が増えています。

 

(理由):スノーボードは両足を固定されています。受け身が取りづらく、脳へ回転性の外力が働く為。

 

「スキーは、どうなのか?」

スキーの場合、転倒で直接、頭を打つので「急性硬膜外血腫」が多いです。

 

頭を打った直後、意識障害などの症状が出る事も多いが、時間が経過してから意識が無くなることもある。

 

手術が無効なことも多く、致死率が高いです。だから、必ずヘルメットを着用してください。

検査して脳に異常がなければ

施術

安心して接骨院で施術が受けられます。脳に異常のない頭痛の原因は筋肉の緊張です。

 

接骨院では、手で触れて施術します。電気を患部にかける。または、首をけん引するだけでは改善状況が把握しにくいです。

 

(早期回復への近道)

「病院で定期検査を受ける」「接骨院では施術を受ける」

まずはお電話をください 0120-314-926

ネット予約する24時間受付カンタン予約

LINEでの予約はこちら

アクセス

西武新宿線上井草駅北口徒歩10分位 

⚠️下井草駅ではありません

〒177-0042 練馬区下石神井2-35-10

こばやし接骨院の地図

こばやし接骨院の地図

途中迷ったら道案内をします。遠慮なくお電話ください。

駐車場2台あり【当院すぐ裏】

当院手前(新青梅街道から)を右折→すぐ左側に2台駐車スペースあり

【当院駐輪場に大型バイク駐車可】

こばやし接骨院の手前を曲がってすぐ左手に「P2台あり」

車通りは少ないので車庫入れが苦手な方も安心です♪

当院すぐ裏に駐車場2台あり

むち打ちについて詳しくはこちら

むち打ち

むち打ちに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加