予約優先 当日予約もOK!

お問い合わせ

お問い合わせ

ネットからの予約はこちら

電話 0120-314-926

電話 0120-314-926

スマホの方は↑ここをタッチ(電話がかかります)
「ホームページを見て」とお電話ください。

当日予約も受付中 お気軽にどうぞ!!

練馬の整体「こばやし接骨院」

新着情報

2015/05/19

交通事故のむちうちに強い接骨院

上井草・石神井の整体で、肩こりならこばやし接骨院へ

 

【むちうちは、事故直後は、あまり症状が出ません】(☆特徴)

 

病院で、レントゲン検査やMRIの画像検査を受けても

多くは、「骨に異常なし」と診断されます。

 

とりあえず、シップを貼って、痛ければ鎮痛剤を飲んで

様子を見るのが、むちうち(頸椎ねんざ)の現状です。

 

適切な治療がされないと・・・、

くび肩の痛み、しびれ、こり、はり感

背中の痛み、腰痛、足の痛みなど

全身に、症状が出ます。

 

もっと進むと・・・、

頭痛、めまい、不眠、全身倦怠感など

「もう自分では、どうにもならない身体」

に陥ってしまう恐れがあります。

 

むちうち(頸椎ねんざ)のケガは、

骨折と違い周囲の人が見て

明らかに、ケガをしているとは、わかりにくいです。

 

「むちうち症」というケガを

家族、職場の人に理解してもらえない

一面も、回復を遅らせる原因と、考えられます。

 

 

【むちうち(頸椎ねんざ)が、治りにくい最大の原因】

①車やバイクの想像をはるかに越える強い衝撃

②不意を突かれた状態での衝撃

③身構えることができない速い衝撃

 

☆最大のポイント

「衝撃で頚椎に、直接ダメージを与えてしまう」

 

頚椎は、くびの骨で、7っくびの骨があります。

くびの骨の中には、脊髄(せきずい)が通ってます。

 

くびの上には、頭があり、頭の中にはがあります。

 

脳から背髄が、くびの骨の管を通って

神経が、全身へ巡っています。

 

むちうちは、文字通り、むちのように

くびが、しなります。

 

頚椎は、正常時は「カーブをして前傾している」はずが

むちうち(頸椎ねんざ)になると、カーブが失われ

ストレートネック(くびの骨の並びがまっすぐ)になる恐れがあります。

 

ストレートネックの状態が続くと、身体は極度の緊張を強いられます。

 

段々、くび肩だけでなく、腰痛や頭痛、吐き気など

全身へ様々な症状が出てきます。

 

 

 

【むちうちは、4っのタイプに分けられます】

①頚椎ねんざ型

くびの筋肉やくびの骨をつなぐ靭帯が

伸ばされて、くびを動かすと、痛む

 

②根症状型

脊髄から枝分かれした神経が、圧迫されて

腕や手の痛み、しびれ、だるさ、後頭部に痛みが出る

 

③バレ・リュウ―症状型(後部交感神経症候群)

脳に、栄養を送る椎骨動脈の血流の低下で

頭痛・眼のかすみ・眼精疲労・めまい・耳鳴り・吐き気

などの症状が出る

 

④脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

脊髄の中にある髄液の圧が、急上昇する

 

脳を守るクモ膜が、裂けて

脳と脊髄の中にある液が、減少し起こる

 

※全身に症状が出て、慢性化し

数十年経っても、治らないこともあります。

ただし、近年、脳脊髄液減少症の有効な治療法があるようです。

 

 

 

 

 

一覧へ