予約優先 当日予約もOK!

お問い合わせ

お問い合わせ

ネットからの予約はこちら

電話 0120-314-926

電話 0120-314-926

スマホの方は↑ここをタッチ(電話がかかります)
「ホームページを見て」とお電話ください。

当日予約も受付中 お気軽にどうぞ!!

練馬の整体「こばやし接骨院」

新着情報

2014/12/03

九九をがんばる接骨院

上井草・石神井の整体で、肩こりならこばやし接骨院へ

 

いま、2年生の息子が九九と格闘中です。

 

早い子は、一気に九の段まで覚えちゃうみたいですね。

 

うちの子は、ホントにマイーペースなんですね。

 

なかなか、進まないんですね。

 

これは、私も人のことは言えませんね。

 

九九は、根気よく回数、量をたくさんやって、

体で浸み込ませるしかないと思ってます。

 

教える側(親)と子の九九を通しての

「コミュニ―ケーション」だと思ってます。

 

大事なことは、

ちょっとの成長、一歩、半歩を

認めて、ほめるを繰り返す。

 

これが、わが子だと、なかなか難しんです。

 

ほめると、声のトーンが上がって、

九九のリズムが自然と上がります。

 

わたしも、とにかく勉強が大っ嫌いでした。

 

理由は、できないと、

親や先生に怒られるからです。

 

勉強=怒られる

 

この公式が、完全に出来上がってしまいました。

 

拒否反応ですよね。

 

勉強アレルギーですよね。

 

「勉強って何でするの?」って聞くと

「自分が困るからでしょ」って親は言いました。

 

勉強ができなくても、野球が得意だったし、

給食はイチバン最初にお代わりしたし、

運動会のかけっこは、必ず断トツに1位だったし、

勉強ができなくても、全然困ることはありませんでした。

 

宿題もやらなかったし、

自由研究なんて、面倒で一度も出しませんでした。

 

高学年になると、

つまらなくて学校からよく脱走してました・・・(ゴメンなさい)

 

ますます大人に一方的に怒られるので、

勉強も学校自体も、どんどん嫌いなって行きましたね。

 

とくに音楽がダメで、音符が読めず、寝てましたからね。

 

ジャンプ持ちこんでました。(本当にゴメンなさい)

 

塾に行かず、ゲーセンで遊んでた

なんてしょっちゅうでしたからね。

 

この辺でやめときますね・・・一応、院長なんで・・・ 😉

 

そんな感じですから、あんまり

子どもに偉そうなことは、言えないんですよね・・・(苦笑い・・・)

 

まあー、やっぱり勉強はできた方が、ゼッタイにいいですよね。

 

大人になって、この仕事を志して、気が付いたのですが

勉強は、自分の為にやるもんではなく

「人の為、社会に役に立つ人間になる為にやるんだ」

と気が付きました。

 

今頃、気づくなんて、おそいよね~(苦笑い・・・)

 

息子と、九九を通して、根気と集中力を今、養って

次につなげていくんだなと

子どもと九九をやっていて、そんなことを思いました。

 

わたしも、九九で成長のチャンスを頂いたと思ってます。

 

8×4=32(はちし さんじゅうに)

8×7=56(はちしち ごじゅうろく)

 

今この辺で、格闘中ですね。

 

簡単に覚えるより、

苦労して、苦労して、やっと身につけた方が、

ゼッタイ、後々大人になった時

「原動力」になると思っています(^^)

 

 

今できないことが、これから「できるようになる」治療院

院長  小林 利忠

 

一覧へ