予約優先 当日予約もOK!

お問い合わせ

お問い合わせ

ネットからの予約はこちら

電話 0120-314-926

電話 0120-314-926

スマホの方は↑ここをタッチ(電話がかかります)
「ホームページを見て」とお電話ください。

当日予約も受付中 お気軽にどうぞ!!

練馬の整体「こばやし接骨院」

新着情報

2014/10/31

ムチウチ接骨院

上井草、石神井の整体で、肩こりならこばやし接骨院へ

 

「間違った治療は、後遺症の元になります」

 

けん引やくびのコルセットなんかしてしまうと、

くびの筋肉を痛めたり、

くびの筋力低下を起こしたり、

回復の妨げになります。

 

むかしは、むちうちの治療は、

わからなかったので

とりあえず的な感じで、やっていました。

 

いまだに、

病院なんかでは、

むちうち=けん引です。

 

むちうちで痛めた筋肉をけん引で

引っ張って何の効果が

あるのか疑問です。

 

また、痛いと痛み止め。

 

 

痛いという脳からの信号を

くすりで無理やり消してしまうと

どうなるのでしょうか?

 

痛みは、

からだを守る為の防御反応なので

安易にくすりで消してしまうと、

治癒回路が働かなくなります。

 

 

人間のからだは、

「痛い」って感じると、

そこを治そうとするんです。

 

くすりで痛みを抑えると、

からだは治そうとしてくれません。

 

 

痛み止めは、

痛みを感じさせる神経を

遮断するだけです。

 

治すわけではありません。

 

くすりを飲んで、

楽になって、くびを動かすと、

むち打ちで痛んだ

くび肩の筋肉が、

さらに悪化して

くすりの効果が、切れると痛みが

さらに増幅する。

 

痛いからまた

くすりを飲む・・・の繰り返し

 

くすりが、病気を作ってしまう

ことになってしまいます。

 

 

くすりやコルセットに頼る治療では、

痛みの感度が鈍くなってしまいます。

 

むち打ちを治す過程で

「痛み」を感じることは、

とても大事な作業なのです。

 

くすりでこの過程を飛ばすと、

後遺症に悩むことになります。

 

じつは、

むちうちってレントゲンやMRIでは、

画像として、証拠として

しっかり表れないので、

病院では、軽視されがちです。

 

むちうちの多くの場合が

自律神経の失調症状だからです。

 

 

自律神経は、

呼吸したり、内臓を動かしたり、

意識しないで、人間の体の働きを

コントロールしてくれる神経のことです。

 

この自律神経を守るのが、くびです。

 

けん引で、

神経を引っ張るなんて、

治療とは言えません。

 

 

自律神経が不安定になると、

うつ病が出たり、血圧が不安定になり

脳出血を起こすこともあります。

 

 

そうした症状が、むちうちと関係ないと

されてしまっています。

 

たかがむちうちと、

軽く考えてほしくありません。

 

 

こばやし接骨院 

院長 小林 利忠

IMG_0509

一覧へ